みなさん、こんにちは😆
だいちんです😄



フレのミリカちゃんからお誘いがあり

IMG_1826

バラシュナに行ってきました😄
この日は強さⅠだったので、おしゃべりしながら戦闘を楽しみました😁

みんなおしゃれさんだ😆

こまるさんコットンちゃんミリカちゃん
ありがとう😊

また行きましょう👍



たたみます。


ドラゴンクエストXランキング



先日よりバージョン1から振り返っている企画

バージョン○で思い入れのある強かったボス


今までバージョン4まで振り返ってきました🖐


バージョン4の記事は下記から見えるので、良かったら見てね😊
   


そして、今回はバージョン5を振り返っていきたいと思います👍

ただバージョン5は、まだ最後まで進めていない方がいるかもしれない😳
さすがにそのまま何も書かないのはちょっと失礼だと思うので、ネタバレがあるよと注意喚起はしておきます🖐



ここから先はネタバレとなる内容が書かれていますので、
ネタバレはちょっと…って思われる方は、残念ですがここまででお願いします🖐

いつも見ていただき、ありがとうございます😊












それではいってみましょう👍





①常闇の聖戦 強さⅤ

 FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

バージョン3.1から実装された「常闇の聖戦」。
強さがⅠ~Ⅳまでがあり、強さⅣも強かったが、バージョン5.0にてその上をいく強さⅤが実装された。


常闇の竜レグナード、ダークキング、海冥主メイヴともに、使ってくる技自体は強さⅣの時とほぼ同じだが、HPなどのステータス、技の発動速度、ダメージ、行動パターン、どれをとっても桁違いで、劇的な進化となっている。

常闇の竜レグナードは、パラティン、魔法使い、魔法使い、魔法戦士というヒーラー職がいないパーティで挑むことになる。
パラディンはもちろん壁役。ただパラディン一人だと押すことができないので、魔法戦士が状況を見て押す手伝いをしつつ、攻撃やバフ、回復などを行わないといけない。魔法使いはジャンプしながらひたすら攻撃。レグナードはモードがあり、モードによって使ってくる技が違うので、モードを把握し攻撃していく必要がある。

ダークキングは、バトルマスター、バトルマスター、僧侶、僧侶というパーティが主流。
バトルマスターは壁をしながら、両手剣を装備しひたすら天下無双。ダークキングの技はほぼ即死級のダメージな為、僧侶から聖女の守りをもらいできるだけ死なずに攻撃。
僧侶は、聖女の守りを配る係と回復する係を事前に決めておくと、行動が被ることが少なくなるので良い。
HP黄色から本番。キングブレスを頻繁に使い、キングブレスからのダークテンペストというローテションで技を出してくるという鬼畜な設定。ダーククリスタルもたくさん召喚し、後半は攻撃ができない場面も出てくることも。なのでいかに序盤で早くHPを削れるかにかかっている。

バージョン5.3でまもの使いのムチが強化され、まもの使いのサポート仲間を連れての討伐者も増えた。


海冥主メイヴは、武闘家、武闘家、どうぐ使い、僧侶というパーティが主流。
レグナードやダークキングもかなりの強敵だったが、このメイヴはさらに強敵。HPがとんでもなく多く、しかも技の発動速度が異常に早く、後出し行動しないと技に当たり死んでしまう。
武闘家二人は、壁と相手の行動を意識して、攻撃できる隙間があればどんどん攻撃していく。またどうぐ使いが磁界シールドを引いてくれるので、できる限りその上で戦うことを意識する。
どうぐ使いはいかに必殺チャージを引けるかにかかっている。またタイミング良く磁界シールドやメディカルデバイスなどを引き、武闘家が状態異常をもらっている時はプラズマリムーバーを、また僧侶のフォローなどかなり忙しい。
僧侶は、もちろん回復と蘇生がメインだが、キラキラポーンや聖女の守りを配ったりと僧侶もかなり忙しい。


強さⅤを倒すと
常闇の竜レグナードは「常闇の征服者」
ダークキングは「暗黒の征服者」
海冥主メイヴは「海冥の征服者」
という称号が入手できる。


②ドラゴン

FullSizeRender

バージョン5.0で実装された迷宮コインボス「ドラゴン」。ドラゴン系のモンスターの元祖で、ドラクエファンで知らない人はいないほど有名なモンスター。

さすが元祖というだけあって迷宮コインボスの中でも強く、今でも油断していると全滅しかねないボス。
構成は、前衛(まもの使いや武闘家など)2人、中衛(魔法戦士かどうぐ使いかレンジャーあたり)1人、後衛(僧侶か賢者)1人という感じ。
ブレス系の技が非常にダメージが大きいので、ブレス耐性や炎耐性が必要。
回転アタックなどもダメージが大きいので後出し行動を心がける。

また途中でロックアップでドラゴロックを召喚する。これはドラゴンの炎攻撃を浴びると十字型に発動するようになっている。火炎弾を使うとすべてのドラゴロックが発動するので、注意が必要。

討伐すると、「真竜スレイヤー」という称号が獲得でき、討伐報酬として「竜のうろこ」が獲得できる。この「竜のうろこ」は基礎効果に「受けるダメージを30軽減する」が付いていて、合成効果も「こうげき力+5」や「さいだいHP+3」が付くので持っておきたいところ。

竜のうろこの破片300個で「おうじょのあい」を復元することもできる。




③アストルティア防衛軍

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

バージョン5.0で「翠煙の海妖兵団」、バージョン5.2で「灰塵の竜鱗兵団」、バージョン5.4で「彩虹の粘塊兵団」がそれぞれ実装。
アストルティア防衛軍は、防衛結界(門)を制限時間まで守りきるかボスを討伐するかでクリアとなるが、バージョン5で実装された兵団は、防衛結界(門)を守り抜くよりボスを討伐する方が楽だと感じた。
楽だと言ってもそう簡単には倒せる訳でもなく、もちろんボスを討伐するためには、防衛軍の理解のある仲間達が必要ではある。

「彩虹の粘塊兵団」は、制限時間が他の兵団よりも短い8分となっており、防衛結界(門)を守るのもボスを討伐のも比較的簡単にできるように思う。
周回で防衛軍をやりたいと思ったときは、「彩虹の粘塊兵団」はおすすめである。

④万魔の塔

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

バージョン5.0で実装された「万魔の塔」。魔界にある砂の都ファラザードの裏通りから行くことができ、ピラミッドのようにどんどんとモンスターが出てくるコンテンツ。


バージョン5.0では一の災壇~三の災壇まで、バージョン5.4から四の災壇が追加された。
一、二、四の災壇は第二十の災い、三の災壇のみ第二十五の災いまであり、制限時間まで生き残る(制覇)か最後の災いに出てくるボスを含む全てのモンスターを倒す(完全制覇)か、一定時間になると解放される「安息の領域」に逃げる(退避)するかで、その時点のポイントがもらえる。全滅するとポイントは獲得できない。

この獲得ポイントでもらえる報酬が変わる。またこのポイントを元に「ギラムソウル」がもらえ、「ギラムマジック」という色んな効果を付けることができたり、アイテムと交換することができる。


一の災壇や二の災壇は比較的簡単に完全制覇をすることができるが、問題は三の災壇。
これを完全制覇するのは、当時は非常に難しかった。
完全制覇をする為の構成は、武闘家、どうぐ使い、占い師、天地雷鳴士。
しかもそれぞれやるべきことがたくさんあり、少しでもズレたり死んだりすると完全制覇ができなくなってしまう。

しかし、バージョン5.4で新職業「魔剣士」が実装されたことにより、バージョン5.4から追加された四の災壇も含め、以前より簡単に完全制覇をすることができるようになった。

それぞれの災壇にはボスがおり、討伐すると

一の災壇はカラミティロイド討伐で「災いの機竜を討つ者」
二の災壇はカラミティスコルプ討伐で「災いの毒尾を討つ者」
三の災壇はカラミティデーモン討伐で「災いの魔神を討つ者」
四の災壇はカラミティドラゴン討伐で「災いの暴竜を討つ者」

をそれぞれ称号が入手できる。

また、ハイスコアポイントの合計が10万ポイント以上なら「万魔の挑戦者」、50万ポイント以上なら「万魔の登頂者」という称号も入手できる。



⑤魔王ユシュカ

FullSizeRender

バージョン5メインストーリーに登場する主要人物の一人であり、砂の都ファラザードの統治者であり魔王でもある。この人がいなかったら、主人公は魔王ヴァレリアに殺されていたかもしれない。
そんな魔王ユシュカとバージョン5.0メインストーリーの最後に訪れることになる「ゴダ神殿」でどちらが大魔王にふさわしいのか戦うことになる。


これがまたとにかく強い。
攻撃力が高く、通常攻撃でさえかなりのダメージを食らってしまう。
途中で紅蓮の波動を使い、紅蓮連撃や紅蓮剣舞など強力な技を使ってくるようになる。固まっていると全滅する可能性大なので、受けるなら一人で受けるようにしたい。

だが、一定時間になると魔仙卿から戦闘を止められてしまう。
一定時間まで死なないように何とか耐える必要がある。


⑥輝晶獣

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

バージョン5.1で実装された「輝晶獣」。
この「輝晶獣」と戦うには、魔界のゲルヘナ幻野、バルディア山岳地帯、ジャリムバハ砂漠のフィールドで通常のモンスターと同様にエンカウントするか、大審門にいる「魔獣調教師ガブラ」に魔因細胞を30個渡す。

「輝晶獣」は3種類いて、輝晶獣ゾルゾム、輝晶獣ボイボゥ、輝晶獣ドグドラがいる。
構成は色んな構成があるが、武闘家、レンジャー、賢者、僧侶あたりで構成したら3種類とも比較的安定して討伐可能。

耐性は、
輝晶獣ゾルゾムは呪い、マヒ、呪文
輝晶獣ボイボゥは転び
輝晶獣ドグドラは呪文

特に輝晶獣ドグドラはかなり強い。
神速メラガイアーやしっぽアタック、竜閃砲など強力な技を使ってくる。途中で救われぬ死塊という技を使ってきてザオトーン効果もあるので、一人で食らうようにしたい。


討伐すると、報酬として「輝晶核」か「輝晶の砕片」を入手することができ、規定数の「輝晶核」と必要アイテムを大審門にいる「輝晶術士レビィ」に渡せば、条件クリアしている武器を強化することができる。強化には失敗もある。

この「輝晶獣」と戦う為に、分散狩りという方法がある。
複数のメンバーで情報を共有しながら「輝晶獣」を探し、最後に集計して「輝晶の砕片」を分け合うという方法であり、自分も何回かやったことがある。
やるためには、色々と準備が必要になることとかなり時間が拘束されることもあるので、事前の準備と予定を見ておく必要がある。

討伐すると、

輝晶獣ゾルゾムは「輝晶の悪霊を狩りし者」
輝晶獣ボイボゥは「輝晶の土竜を狩りし者」
輝晶獣ドグドラは「輝晶の邪竜を狩りし者」

それぞれ称号が入手できる。




長くなってしまったので、Part1はここまでとします🖐
バージョン5もメインストーリーを中心に色んなバトルコンテンツも実装され、強敵なボスが登場してきたよね😱

まだまだ紹介したいボスがいるので、次回の記事もお楽しみに😊





それでは、この辺で(^^)/


ドラゴンクエストX 周年まで
あと285日
※2022年8月2日が10周年です。
※サービス終了情報が正式に出れば、
予告なく変更する場合があります。



ドラゴンクエストXランキング